スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2015.12.25 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

「生ける神の刻印」 十字軍の祈り 第 33 番 ─ 艱難の時代に神を信じる人々を護るための 「印」 毎日の祈り

 マリア・ディバインマースィー( MDM ) と言うヨーロッパ 〔 アイルランド 〕 に在住の女性預言者 、「 終わりの時の最後の預言者 」 と言われています。 彼女の預言の中には、偽りのメッセージが混入されていることが、判明しました。 「 Maria Divine Mercy の預言は 偽預言である 」 を参照ください。 彼女の預言は、キリスト教会の掟と福音と聖書の混乱を目的としているようです。 悪魔側のメッセージも混入しており、真偽の精査を個人レベルで判断するのは危険なため、今後、掲載することを中止します。 ただし、預言の一部には、実際に成就したり、偽りと判断できない部分もあり、その部分の内容は、現時点で判断を保留しておきます。 なお、「 十字軍の祈り 」 は、祈り文を破棄し、中止すべきです。 その理由は、堕天使に啓示された祈りによると思われるからです。 まず、祈りの初めか終わりに、「十字の印をして、聖父と、聖子と、聖霊との聖名によりて。アーメン。」 が抜けています。 また、祈りの最後に、 「 聖主イエズス・キリストの聖名によって、アーメン。」 も抜けています。 「 あなたたちが私の名によって何かを願い求めるなら、私が計らう。 」 << ヨハネによる福音書14章14節 >>  祈るときは、ロザリオの祈りによって、意向として捧げるべきでしょう。 おそらく、 「 十字軍の祈り 」 は、聖ピオ樟げ颪 「 ロザリオ十字軍 」 を真似たのでしょう。 救いのメダイ も処分すべきです。 「 救いのメダイ 」 には、強力な悪霊が宿っているそうです。 聖主イエズス・キリストは、ご自身が受けた棘茨の冠を聖母マリアの御頭に被せることはしない 、 「 不思議のメダイ 」 が既にあり、それは、回心のお恵みがあるのだから と、言うことです。



十字軍の祈り 第33番「 生ける神の印 」
が、真実、天の聖父からのメッセージによる 「 祈り 」
かどうか、未確認であり、確証はありません。


 預言者 マリア・ディバインマースィー に与えられた最新メッセージ( 2014年11月9日 日曜日 15:20 )より、今後のキリスト教会と世界情勢を鑑み、「 大警告 」の到来が近いことを告知します。

  本件は、次のタイトルの内容を確認したためによるものです。
  聖主イエズス・キリストは、全世界の人類50億人の霊魂を救われることを宣言されました。

 「 私は、全世界を救うことを望むと同時に、私の慈愛(慈しみ)から、今私は、このミッションのために 50億の霊魂 を救うことを宣言します。

  マリア・ディバインマースィーのミッションを知らない多くの人々をも、あなたたちが、彼らのために、十字軍の祈り 第33番の 『 生ける神の印 』 の祈りを祈るなら、彼らもまた、 『 印 』の保護を受け得ると、約束なさいました。


  タイトル
  I will salvage 5 billion souls because of this Mission Sunday, November 9th, 2014 15:20
  このミッションゆえに私は50億の霊魂を救う 2014年11月9日 日曜日 15:20 

  ↓ 日本語翻訳サイトページです。
  http://wmcsn.jp/index.php?%E3%81%93%E3%81%AE%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%82%86%E3%81%88%E3%81%AB%E7%A7%81%E3%81%AF50%E5%84%84%E3%81%AE%E9%9C%8A%E9%AD%82%E3%82%92%E6%95%91%E3%81%86


  ↓ 日本語訳のサイト情報
  http://wmcsn.jp/

ikerukaminokokuin
日本語訳 ( PDFファイルのイメージ )


 預言者 マリア・ディヴァインマースィーに与えられた日本語翻訳メッセージサイトは、
  こちらです。
 http://wmcsn.jp/index.php?No.33






「 救いのメダイ 」 には、強力な悪霊が宿っている −−− 「 不思議のメダイ 」 が既にあり、それは、回心のお恵みがある

 マリア・ディバインマースィー( MDM ) と言うヨーロッパ 〔 アイルランド 〕 に在住の女性預言者 、「 終わりの時の最後の預言者 」 と言われています。 彼女の預言の中には、偽りのメッセージが混入されていることが、判明しました。 「 Maria Divine Mercy の預言は 偽預言である 」 を参照ください。 彼女の預言は、キリスト教会の掟と福音と聖書の混乱を目的としているようです。 悪魔側のメッセージも混入しており、真偽の精査を個人レベルで判断するのは危険なため、今後、掲載することを中止します。 ただし、預言の一部には、実際に成就したり、偽りと判断できない部分もあり、その部分の内容は、現時点で判断を保留しておきます。 なお、「十字軍の祈り」は、祈り文を破棄し、中止すべきです。 その理由は、堕天使に啓示された祈りによると思われるからです。 まず、祈りの初めか終わりに、「十字の印をして、聖父と、聖子と、聖霊との聖名によりて。アーメン。」 が抜けています。 また、祈りの最後に、 「 聖主イエズス・キリストの聖名によって、アーメン。」 も抜けています。 「 あなたたちが私の名によって何かを願い求めるなら、私が計らう。 」 << ヨハネによる福音書14章14節 >>  祈るときは、ロザリオの祈りによって、意向として捧げるべきでしょう。 おそらく、「十字軍の祈り」は、聖ピオ樟げ颪 「 ロザリオ十字軍 」 を真似たのでしょう。 救いのメダイも処分すべきです。 「救いのメダイ」には、強力な悪霊が宿っているそうです。 聖主イエズス・キリストは、ご自身が受けた棘茨の冠を聖母マリアの御頭に被せることはしない 、 「 不思議のメダイ 」 が既にあり、それは、回心のお恵みがあるのだから と、言うことです。


 救いのメダイとは?:[ final Medal - Medal of Salvation ] この時代の最終的なメダイの片側には、聖母マリアの姿が描かれます ― 聖母の頭の背後に太陽があり、十二の星で編まれた茨の冠を戴いています。 メダイの反対側には、二本の救いの剣で刺し貫かれた、聖主イエズスの聖心 ( みこころ ) が描かれ、剣は聖心の両側で交差して刺さっています。 救いのメダイは、回心と救いの賜物をもたらす、とメッセージに記されていますが、天が、「 不思議のメダイ 」 を差し置いてさらに新たなメダイを造らせるとは、考えにくい。

日本語メッセージは、こちらを参照してください。
救いの母:救いのメダイは回心の賜物をもたらします 2013年7月18日 19:14




今の時代に非常に重要! 神聖なる御顔の祈り:その条件 と 約束、「まず初めに神の国とその義を求めよ、そうすれば、それらのものも加えてみな与えられる。 わが 憐れみのうちに確信と愛を持つ者に、私は この世 と 後の世において百倍を与えよう」

神聖なる御顔の祈り

神聖なる御顔の祈り-M+J-3mini



 この祈りは、ママ・カルメラが、憐れみ深きイエズス御自身から受けたものです。 
 ミラノ 1969年4日22日 (1978年11日25日 司教認可)

「 J + M 」 祈り

 「 憐れみ深きイエズス、われらは 御身を信じ 御身に信頼し奉る。
 われらの弱さと無力を助けに来たり給え。
 御身がすべての人に知られ 愛されんことを叶わしめ給え。
 御身の無限の愛を確信して 御身の栄光とわれらの救いのために
 われらの心の内なる悪と世にある悪に向いて 戦わしめ給わんことを。
 アーメン。 」



神聖なる御顔と憐れみ深き愛の使徒の奉献

 わが愛する娘よ、私はお前が、わが肖像画を広く普及することを望んでいる。私はそれぞれの家族と家の中に入り、かたくなになった者の心を回心させたいと望んでいる。
 私を病院や療養所、学校や孤児院の中に広めてくれ。私の憐れみ深く限りない愛について皆に語れ。私はお前が、新しい使徒達を見つけるのを助けよう。
彼らは私の新しい選ばれた者となり、わが心にいとおしく、彼らはその中に特別な場所を占めるだろう。
 私は彼らの家族を祝福し、彼らの仕事を指導するために、彼らの場所で、私自身が代わりを務めよう。
 私は、聖福音において、お前達に語ったことを充分に気付かせたい。

 『 まず初めに神の国とその義を求めよ、そうすれば、それらのものも加えてみな与えられる。 』
 そして、今私は おまえ達に言う、
 『 わが憐れみのうちに確信と愛を持つ者に、私はこの世と後の世において百倍を与えよう。 』

 私へのこの信心を普及することに参与する者に、以下の奉献文を唱えさせなさい。

奉献文

 「ああイエズス、善きイエズス、あなたの限りない愛は世界を創造し、救うことを望んでおられます。地上でのあなたの愛による統治の勝利のために働くことを望んでいる人々の中に、私を受け入れてください。この目的のために、私は自分自自をあなたへの奉仕に委ねますから、私自身の完全な奉献を受け入れてください。
 すべての霊魂のうちに、あなたの神聖な御顔の表情が生き生きと再現することを願いながら、私はあなたの神聖な画像を広めます。
 ああイエズス、回心の奇蹟をもたらしてください。そして、この偉大な務めのために、新しい時代の新しい使徒達を召しだしてください。
全世界の上にあなたの憐れみ深い愛の奔流を注いでください。それは悪を押し流し破壊し、地を再び新たにするでしょう。
 そして、心は愛に満たされ、聖福音の実践と御子の光のうちに御国が再建されますように。」

 ミラノ1969年4日25日

 ミラノ教区認可 1980年11月20日、教皇ヨハネ・パウロII世は 「神聖なる憐れみ」 についての回勅を出された。


憐れみ深きイエズスの御約束

 カルメラ ― イエズス、私に何をお望みですか。
 イエズス ― 書き記せ、わが娘よ、お前はわが憐れみ深い愛の使徒となれ。私はお前を祝福し、そして私はお前に、豊かな恵みと偉大な賜を雨のように注ぐ。 お前が作ったわが 聖なる顔の画像の普及に感謝する。

 私は わが画像を掲げる家族を祝福する。
 私は そこに住む罪人を回心させよう。 私は 良き者が自分自身を完成し、生ぬるい者が 再び信仰に燃え立つように助けよう。私は 彼らの仕事を祝福しよう。
 私は彼らの必要を見て、彼らのすべての霊的、物質的必要を満たそう。 私を度々呼び、このように祈願せよ。


 「 憐れみ深きイエズス、われらは御身に信頼し奉る、われらと全世界を哀れみ給え。 」

 信仰 と 信頼を持て。
 お前が 私のためにしてくれるすべてのことには 百倍の報いが あるだろう。

 ミラノ 1968年4日20日

 聖心の優れた徳において、憐れみ深きイエズスは 以下のことも約束された。

 私の神聖なる肖像画を信心と愛とをもって家に掲げる者は、懲罰から保護されるだろう。過ぎ越しの小羊の血で家に十字の印をつけた昔のへブライ人が、絶滅を図る天使から守られた例のように、わが画像を掲げることで私に光栄を帰する者は、この悲しい時代において同じように守られるだろう。
 ミラノ 1968年9日5日

 イエズス ― わが子供たちよ、平安があなたがたとともにあるように。
 私は 憐れみ深いイエズスである。 私は お前が始めたこの使徒職を成し遂げるのを勇気づけたいと望んでいる。私は それが全被造物にわたって普及されることを望んでいる。
 お前の心からの善意と奉献の祈願とともに、お前の行いを添えて、わが肖像画を贈物にし、あるいは、知る知らぬとに関わらず皆にそれを手渡すことを望む。この画像はそれを普及するお前に霊的利益をもたらすだろう。
 そして、それは 愛と感謝をもって私を受け入れる者たちのうちに、直ちに著しい効果をもたらすだろう。それは 私が 人類に与える救いの偉大な賜で偉大な手段である。
 わが心は、犯される膨大な数の罪と、大量に失われていく霊魂のために、刺し貫かれ、激しく苦しんでいる。
 さあ、私は これらの新しい手段を見いだした。 私は 施し物を乞う乞食のように、お前の助けを願う。 私を助けたいと思わないか。
 私は お前を今、祝福し、わが 善き約束を守ることを誓う。 私が 限りなく望んでいるこの仕事を、学校や療養所で成し遂げるために、お前は 若者を使うようにせよ。
 しかし、私が 彼らを幸福にし、彼らを救うために、すべての人の心の中に入るまで、すべての家の中にわが 画像が 掲げられるように、わが聖母に懇願しなさい。
 ミラノ 1969年4日27日 



※ このパンフレットや御影(13×18 と 8×11cm) を多くご希望の方は、以下の住所にお申し込み下さい。
  〒112-0014 東京都文京区関口3−16−15 東京教区司祭の家
   ファティマの使徒職東京事務局 フェデリタス 係



【 参考文献 】
バルバロ神父訳 「聖書」(講談社)
マリア・ワルトルタ 著 『 時の終わり 』 日本語翻訳版(抜粋)
 マリア・ヴァルトルタ「手記」抜粋 世紀末の黙示録



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
著者:baramado
「大警告&ヨハネの黙示録」下記へ移設
▼ URL baramado 薔薇窓ブログ
http://baramado.jugem.jp/
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


JUGEMテーマ:女性の病気



ポーランドのシスター・ファウスチナに与えれれた啓示と、御憐れみの祈り;チャプレット

御哀れみの聖主イエズス01
  サムネイル:クリックすると拡大します

「御憐れみの祈り」 シスター・ファウスチナに与えれれた啓示


 聖 主 : 「私があなたに教えたこのチャプレットを、絶えず唱えなさい。 これを唱える者は、臨終の時に大いなるあわれみを受けるであろう。 司祭は、最後の望みとして罪人にこの祈りを勧めるであろう。 たとえ、いかなるかたくなな罪人でさえも、このチャプレットをただ一度だけでも唱えるならば、我が無限なるあわれみの恵みを受ける。
 この祈りを聖堂の中で祈りなさい。この祈りは、神の御怒りをなだめるために、力ある祈りである。
 このチャプレットを唱える人は、臨終の時に、特別な御あわれみを受ける。全世界の人に、私の御あわれみを知らせたい。」

 ≪ シスター・ファウスチナへのメッセージ ≫
 (ポーランド1905〜1938御あわれみの聖母修道女会)



◇◇◇ 祈り方 普通のロザリオで一環分唱える ◇◇◇

1・はじめに、
  主祷文(一回)、 天使祝詞(一回)、 使徒信経(一回) 。

2.一連めの大珠 ( 主祷文を祈る部分 ) で以下の祈りを唱える。
  『 永遠の聖父よ、全世界とわれらの罪の贖いとして、御身の最愛の御子、われらの主 にして救い主、イエズス・キリストの尊き御血と御体、御霊魂と御神性を、御身に捧げ奉る。 』

3.小珠、 ( 天使祝詞を祈る部分 ) で以下の祈りを十回唱える。
  『 イエズスのもっとも苦しい御受難によって、われらと全世界をあわれみ給え。 』

4.2 と 3 を一環分祈り、最後に以下の祈りを三回唱える。
  『 聖なる天主、全能の聖なる天主、永遠の聖なる天主よ、われらと全世界をあわれみ給え。 』





イエズスの御血のサンプルについてロン・ワイアット氏の証言




【 参考文献 】
バルバロ神父訳「聖書」(講談社)
マリア・ワルトルタ 著 『 時の終わり 』 日本語翻訳版(抜粋)
 マリア・ヴァルトルタ「手記」抜粋 世紀末の黙示録


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
著者:baramado
「大警告&ヨハネの黙示録」下記へ移設
▼ URL baramado 薔薇窓ブログ
http://baramado.jugem.jp/
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


絶えざる御助けの聖母子:聖母マリアとイエズス・キリストの贖罪:共贖性、崇敬と崇拝、あなたは、これらの違いを理解していますか?

 
絶えざる御助けの聖母子20100222
 ( 参考:ウィキペディア:「絶えざる御助けの聖母子」 )


 絶えざる御助けの聖母子 は、ウラジーミルの生神女 (しょうしんじょ) を代表とする 「エレウサ」 型の 慈愛の聖母 です。
 イイスス・ハリストスが、生神女マリヤに頬を寄せている姿と生神女マリヤの左手、又は、右手が、イイスス・ハリストスを紹介( 導き手 ) している姿で描かれています。
 「ウラジーミルの生神女」 は、聖母子が 聖ルカに現われ ( ヴィジョン ) 、自分達の姿を描くよう指示され、福音史家聖ルカが、描いたとされます。
 ロシア語: Елеуса - エレウサ − 『 優しさ 』 , 『 憐れみをあらわす 』 の意味です。
 生神女 ( しょうしんじょ ) とは、 「 神を生みし女」 を意味する漢語的表現です。正教会では、生神女マリヤ ( 聖母マリアのこと ) を神の母・第一の聖人として位置付けています。カトリックにおいても、聖母マリアを熾天使セラフィムよりも高い天の元后 正教会では、女王 ( にょおう ) ・第一の聖人として位置付けしています。
 「 生神女 」 の原語は、ギリシャ語 「Θεοτόκος」 ( セオトコス:テオトコス ) 、 「 神(Θεός:セオス:デウス ) を産む者 ( τόκος:トコス ) 」 という意味から、 「 神を産む者 」 という称号が与えられました。
 聖母を現す言葉としては、
 神の母:ギリシャ語では"Θεοτόκος" ( テオトコス ) が、代表的です。他には、・・・・
 the Virgin Mary ( 処女マリア・童女マリヤ ) 、 Saint Mary ( 聖女マリア ) 、ノートルダム大聖堂の Notre Dame ( ノートルダム ) フランス語の 「 我らが貴婦人 」 、そこから英語になった Our Lady ( 我らが貴婦人 ) 、スペイン語: Madre de Dios ( 神の母 ) , La Virgen ( 聖処女 ) 、などがよく知られています。

 431年 エフェソス公会議 (第三全地公会) が召集された時、 「 マリアは、神の母である 」 ことが、宣言されました。これによって、「 神の母ではない 」 と、主張したネストリウスの教義は、異端宣告されました。
 現代のプロテスタント諸教会においても、「神の御母」として尊敬しない信徒が多く、ネストリウス的異端者が、多いようです。
 聖母マリアへの特別崇敬 { 特別崇敬とは、ただ聖人として敬意を表するだけではなく、特に霊的な御母として、現世における自分の十字架を担う弟子としてのキリスト信者自身の取り成し手であり、霊的母親としてよりいっそう特別に敬い愛すること。 } それは、聖主イエズスが、愛弟子使徒聖ヨハネに 「 これが、あなたの母だ 」 と告げたように、すべのキリスト信者へのイエズスからの霊的メッセージなのです。これを理解できる人は、新約聖書の神の言葉を霊的に読んでいることを証明します。自分は、洗礼を受けてまもなく、幻と夢と この箇所の御言葉を受けたひとりです。
 それは、正教会とカトリックのドグマ:教義に一致しています。

 そして、聖母マリアは、神の御一人子イエズスを産んだ真の乙女 ( 終生童貞:原語は、過去形の童貞だったではなく、今でも童貞の現在形 ) にしてただひとり、最初のエヴァが 犯した罪を償う、第二のエヴァ=聖母マリア=生ける聖櫃:子羊の花嫁の初穂であり、神をやどした最初の人 ( = 聖人:聖寵・恩寵に満ちた婦人 ) です。
 エヴァからすべての人間が、 (肉体として) 生まれたように、聖母マリアは、すべての人間の (霊魂の) 御母なのです。
 キリスト信者にとって、エヴァによって人間の霊は、死んだように、聖母マリアによって人間の霊が、生きかえったからです。 これは、アダムが、犯した 「 原罪 」 を取り除いた、第二のアダム = イエズス・キリストと 対 (つい) を成します。 ここに、贖罪の共贖性があります。
 ご受難を十字架の頂点にまで、第二のアダム (男:人の子) イエズス・キリストと共に、第二のエヴァ (女性:人の母) 聖母マリアが、あずかったことにより、御父なる神に捧げたのが、神と人との、罪を贖う共同作業、贖罪の共贖性にあります。
 イエズス・キリストの十字架の死=人間の霊魂救済は、神と人との愛の交わりを再び可能とするために、霊的神と、肉的人との共同作業でした。 生ける聖櫃・聖母マリアは、ヨハネの黙示録21章にある神の 「花嫁」 = 「新しいエルサレム」 = 「生ける神の幕屋」 の初穂であり、雛形です。
 

注意:崇敬と崇拝とは、意味が違います。崇敬は、あくまでも人間に対して使う尊敬の念です。崇拝は、神に対して使われる礼拝、あがめることです。崇敬と崇拝の言葉の違い、厳密な使い分けを日本人の国語力として認知すべきです。
 しかしながら、聖母マリアと 聖主イエズス・キリストは、きっても切れない母と子の深い関係です。 生ける聖櫃 ( = 旧約の至聖所 〔デビル〕 に安置された 契約の箱:アーク のこと、神の臨在をあらわします ) であられる聖母マリアのおられる所には、浄配なる聖霊と 御ひとり子 聖主イエズス・キリストがおられます。 よって、生ける聖櫃であられる聖母マリアを通して、神を礼拝するようになります。
 新約聖書には、東方の三博士たちが、聖母に抱かれている ( = 一緒におられる ) 聖主イエズスを見てひれ伏して礼拝 ( 拝んだ ) したと、書かれてあるではありませんか。 あなたがたも、聖母マリアのおられるところでは、聖霊と イエズス・キリストに不敬を犯さないためにも、聖母 ( 生ける聖櫃 ) を通して神を礼拝すべきです。

 聖主イエズス・キリストは、あるヴィジョナリーに宣言しました、
 「我が御母 ( 聖母マリア ) を退ける者は、私を退けるのである。 ・・・ 最後の審判の時、私は、その者を退ける。」

 



【参考文献】
バルバロ神父訳「聖書」(講談社)
キリスト教美術図典1990年版/柳 宗玄、中森 義宗 編著
Jacobus de Voragine [ Legenda aurea ] ヤコブス・デ・ヴォラギネ「黄金伝説」
訳者:前田敬作・西井 武/発行所:株式会社人文書院

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
著者:baramado
「大警告&ヨハネの黙示録」下記へ移設
▼URL baramado 薔薇窓 ブログ
http://baramado.jugem.jp/
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆




JUGEMテーマ:聖書



朝、毎日、祈るべき尊い祈り:少なくともこれだけは祈って欲しい奉献と、とりなしの祈り

全世界のミサの恵みを得るための祈り

 永遠の御父よ、かつて行われ、或いは、将来行われるべきすべてのミサにおけるわれらのつたなき現存と、世の初めより終りにいたる人類のすべての現存を謙遜に御身に捧げ奉る。 御身にわれらは、われらの生涯のすべての苦痛、苦難、祈リ、犠牲、喜び、くつろぎを、親愛なるわれらの主イエズスのそれらと、ここ地上において一致して捧げ奉る。
キリストのいと尊き御血、彼のすべての御血と御傷と御苦しみが、聖母の悲しみにみてる汚れなき御心を通じて、われらを救い結わんことを。アーメン!

 この祈りは毎日祈リ,また人々に知らせるべきです。
 親愛なる聖フィロメナ、神への完全なる愛に導く、かの心と精神の清さをわれらのために祈リ求め給え。

ミサに参加することにより得られる恵み
1. ミサはカルワリオの継続です。
2. どのミサもすべて,われらの主の御生活,御受難,御死去の犠牲と同じ価値を持ちます。
3. 聖なるミサは,あなたの罪の最も強力な償いです。
4. あなたが拝聴したミサは,あなたの臨終の時の最大の慰めとなるでしょう。



『 霊的聖体拝領 』

 ああイエズス、御身がわれへの愛故にかくれ住み給う聖櫃を仰ぎ見奉る。ああわが神よ、御身を愛し奉る。
 われ、聖体の秘蹟において御身を拝領することあたわざれども、御恵みもて来たりてわれを訪れ給え。
 霊的にわが心に下り給い、これを清め、聖とし、御身の聖心の如く変え給え。アーメン。
 主よ、われは不肖にして、主をわが家に迎え奉るに堪えず、ただ一言を宣わばわが心いえん。
 (3 回繰り返す)



『 聖マリアへの汚れなき御心に身を捧げる祈り(奉献)』

 ああ、汚れなき御母聖マリア、われ信仰薄き身なれど、今日御身の御前に洗礼の約束を新たにし、悪魔とその栄華とその業とを永久に捨てんことを誓い奉る。
 われは人となり給いし天主の叡智なるイエズス・キリストに従い、死に至るまで日々おのが十字架をにない、今より後は、一層主に忠実ならんがため、すべてを主に捧げ奉る。
 われ今、諸天使諸聖人の前にて御身をわが母、わが元后と仰ぎ、御身のしもべとして、わが身も心も持ち物をも、すべて御身に捧げ、過去、現在、将来におけるわが善業の功徳をも、すべて御身に捧げ奉る。
 われはわれと、われに属するすべてを現世においても、来世においても、余すところなく御手に委ね奉る。
 願わくは、天主の御栄のために御旨のままにはからい給え。アーメン。
 イエズス、マリア、ヨゼフ、われ御身を愛し奉る。よって霊魂を救い給え。(3 回繰り返す)



『 ファチマの祈り』

 聖父と、聖子と、聖霊の三位一体に在します至聖なる天主、我が魂の最も深き底より御身を礼拝し奉る。且つすべての祭壇の聖櫃にこもり給う我らの主、イエズス・キリストの、最も尊き、御体と御血、御霊魂と御神性とを、主御自らを、背かれ給える冒涜侮辱の大罪の償いとして献げ奉る。
 尚、イエズスの聖心の限りなき御功徳と聖母の汚れなき御心の御取り次ぎとに依りて、未信者と罪人の改心を乞い求め奉る。(特に○○○さんの回心と救霊を乞い求め奉る。)
 ああ、原罪なくして宿り給いし聖マリアよ、御身により頼み奉る。われらのために祈り給え。



『 大聖ゲルトルードに対する祈り 』

 永遠の御父よ、煉獄のすべての霊魂と、いたる所に存在する罪人のため、また、全教会の中の罪人のため、そして、わが国と、わが家族の中の罪人のために、(特に、○○○さんの改心と救いのために、)われは今日、全世界で捧げられる、ミサ聖祭で一致して、御子イエズスのいと尊き御血を捧げ奉る。アーメン。
 (この祈りは、煉獄の霊魂を解放し、この世の罪人を改心させます。)




 
イエズスの御影の祈り 神聖なる御顔の祈り J + M

 憐れみ深きイエズス、われらは御身を信じ 御身に信頼し奉る。
 われらの弱さと無力を助けに来たり給え。
 御身がすべての人に知られ 愛されんことを叶わしめ給え。
 御身の無限の愛を確信して 御身の栄光とわれらの救いのために
 われらの心の内なる悪と世にある悪に向いて 戦わしめ給わんことを。
 アーメン。






イエズスの御血のサンプルについてロン・ワイアット氏の証言



【 参考文献 】
">【 参考文献 】
バルバロ神父訳 「聖書」(講談社)
マリア・ワルトルタ 著 『 時の終わり 』 日本語翻訳版(抜粋)
 マリア・ヴァルトルタ「手記」抜粋 世紀末の黙示録

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
著者:baramado
「大警告&ヨハネの黙示録」下記へ移設
▼URL baramado 薔薇窓 ブログ
http://baramado.jugem.jp/
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



JUGEMテーマ:祈り



ファチマの聖母へ朝の奉献の祈り 神聖なる御顔の祈り 嵐を防ぐ祈り または 祝福

ファチマの聖母へ朝の奉献の祈り
朝の奉献


 神よ、聖母マリアの汚れない御心に結ばれ、今日、全世界の祭壇で献げられるイエズスのとうとい御血を、私のすべての思い、言葉、行いに合わせて、あなた様に献げます。

 主イエズスよ、今日、私が得られるすべての免償と功徳が受けられますように。そして、それをわが身と共に、汚れない聖母に献げ、その御取り次ぎによって、あなた様のいとも聖である聖心のご計画に、最もよく役立つことができますように祈ります。

 主イエズスのとうとい御血よ、私たちを救ってください。聖母の汚れない御心よ、私たちのために祈ってください。主イエズスのいとも聖である聖心よ、私たちを憐れんでください。


 ブルー・アーミの誓約

 敬愛するおん母、天の后よ、あなたは、わたしと全世界の人々の罪を、あなたの汚れない御心を通して償われることによって、ロシアの回心と全人類に平和をもたらすことを、ファチマで約束なさいました。よって、おごそかに次の約束をいたします。

 ・私は、毎日、仕事の務めによって求められる犠牲 を献げます。
 ・毎日、救いの玄義を黙想しながら、ロザリオの一 部を唱えます。
 ・この約束の宣言をあなたへの奉献のしるしとして、カルメル山のスカプラリオを身につけます。
 ・わたしは、しばしばこの約束を更新し、特に誘惑 に合うとき、これをくりかえします。

International Secretariat Address P.O.Box.38
2496・FATIMA Codex Portugal





   天国行の祈り

 ✝ ああ、みははマリアよ
 御身の汚れなき おんやどりによりて
 我が肉身を きよからしめ
 我が霊魂を 聖ならしめ給え

 めだたし 聖寵みちみてるマリア
 主 御身とともにまします
 御身は 女の内にて祝せられ
 御胎内の御子 
 イエズスも祝せられ給う
 天主の御母 聖マリア
 罪人なる我らのために
 今も 臨終の時も 祈り給え
 アーメン
 ( 以上を3回唱える )

 ああ、我がよき みははマリアよ
 ( 朝 ) 今日一日、大罪、小罪、悪魔の
 誘惑から護り給え
 ( 3回唱える )

 ( 夜 ) 今晩、大罪、小罪、悪魔の
 誘惑から護り給え
 ( 3回唱える )

 至聖なる三位一体の真白な百合よ
 我らのために祈り給え
 信頼の聖母我らのために祈り給え
 純潔の聖母我らのために祈り給え
 喜びの聖母我らのために祈り給え

 ( 50日の免償、1962,7,23 荒井司教認可 )




日々の怠りを償う祈り


 永遠の御父よ、御身に主イエズスの至聖なる聖心を、そのすべての御愛、御苦しみ、御功徳とともに捧げ奉る。

 一には、わが今日 および 全生涯の間に 犯せしすべての罪を 償わんがために。
 ( 栄唱 ) 願わくは、聖父と、聖子と、聖霊とに、栄えあらんことを
       はじめにありしごとく 今もいつも世々に至るまで。アーメン

 二には、わが今日 および 全生涯の間に 悪しく行いし善を 潔めんがために。
 ( 栄唱 ) 願わくは、聖父と、聖子と、聖霊とに、栄えあらんことを
       はじめにありしごとく 今もいつも世々に至るまで。アーメン

 三には、わが今日 および 全生涯の間に 行うべきに行わざりし 善に代えんがために。
 ( 栄唱 ) 願わくは、聖父と、聖子と、聖霊とに、栄えあらんことを
       はじめにありしごとく 今もいつも世々に至るまで。アーメン

 死んだばかりの一人の貧しいクララ会の修道女が 彼女のために祈っていた女子修道院長に現れて申しました、
 『 私は 真直ぐ天国へ参りました。 というのは、毎タ 唱えましたこのお祈りによって私は、負債を払ったからです。 』
 ( この祈りは 告解の代用にはなりません )



神聖なる御顔の祈り

神聖なる御顔の祈り-M+J-3mini
↑ クリックすると、プリント用の大きな画像をダウンロードできます。


 この祈りは、ママ・カルメラが、憐れみ深きイエズス御自身から受けたものです。 
 ミラノ 1969年4日22日 (1978年11日25日 司教認可)

「 J + M 」 祈り

 「 憐れみ深きイエズス、われらは 御身を信じ 御身に信頼し奉る。
 われらの弱さと無力を助けに来たり給え。
 御身がすべての人に知られ 愛されんことを叶わしめ給え。
 御身の無限の愛を確信して 御身の栄光とわれらの救いのために
 われらの心の内なる悪と世にある悪に向いて 戦わしめ給わんことを。
 アーメン。 」



神聖なる御顔と憐れみ深き愛の使徒の奉献

 わが愛する娘よ、私はお前が、わが肖像画を広く普及することを望んでいる。私はそれぞれの家族と家の中に入り、かたくなになった者の心を回心させたいと望んでいる。
 私を病院や療養所、学校や孤児院の中に広めてくれ。私の憐れみ深く限りない愛について皆に語れ。私はお前が、新しい使徒達を見つけるのを助けよう。
彼らは私の新しい選ばれた者となり、わが心にいとおしく、彼らはその中に特別な場所を占めるだろう。
 私は彼らの家族を祝福し、彼らの仕事を指導するために、彼らの場所で、私自身が代わりを務めよう。
 私は、聖福音において、お前達に語ったことを充分に気付かせたい。

 『 まず初めに神の国とその義を求めよ、そうすれば、それらのものも加えてみな与えられる。 』
 そして、今私は おまえ達に言う、
 『 わが憐れみのうちに確信と愛を持つ者に、私はこの世と後の世において百倍を与えよう。 』

 私へのこの信心を普及することに参与する者に、以下の奉献文を唱えさせなさい。

奉献文

 「ああイエズス、善きイエズス、あなたの限りない愛は世界を創造し、救うことを望んでおられます。地上でのあなたの愛による統治の勝利のために働くことを望んでいる人々の中に、私を受け入れてください。この目的のために、私は自分自自をあなたへの奉仕に委ねますから、私自身の完全な奉献を受け入れてください。
 すべての霊魂のうちに、あなたの神聖な御顔の表情が生き生きと再現することを願いながら、私はあなたの神聖な画像を広めます。
 ああイエズス、回心の奇蹟をもたらしてください。そして、この偉大な務めのために、新しい時代の新しい使徒達を召しだしてください。
全世界の上にあなたの憐れみ深い愛の奔流を注いでください。それは悪を押し流し破壊し、地を再び新たにするでしょう。
 そして、心は愛に満たされ、聖福音の実践と御子の光のうちに御国が再建されますように。」

 ミラノ1969年4日25日

 ミラノ教区認可 1980年11月20日、教皇ヨハネ・パウロII世は 「神聖なる憐れみ」 についての回勅を出された。


憐れみ深きイエズスの御約束

 カルメラ ― イエズス、私に何をお望みですか。
 イエズス ― 書き記せ、わが娘よ、お前はわが憐れみ深い愛の使徒となれ。私はお前を祝福し、そして私はお前に、豊かな恵みと偉大な賜を雨のように注ぐ。 お前が作ったわが 聖なる顔の画像の普及に感謝する。

 私は わが画像を掲げる家族を祝福する。
 私は そこに住む罪人を回心させよう。 私は 良き者が自分自身を完成し、生ぬるい者が 再び信仰に燃え立つように助けよう。私は 彼らの仕事を祝福しよう。
 私は彼らの必要を見て、彼らのすべての霊的、物質的必要を満たそう。 私を度々呼び、このように祈願せよ。


 「 憐れみ深きイエズス、われらは御身に信頼し奉る、われらと全世界を哀れみ給え。 」

 信仰 と 信頼を持て。
 お前が 私のためにしてくれるすべてのことには 百倍の報いが あるだろう。

 ミラノ 1968年4日20日

 聖心の優れた徳において、憐れみ深きイエズスは 以下のことも約束された。
 私の神聖なる肖像画を信心と愛とをもって家に掲げる者は、懲罰から保護されるだろう。過ぎ越しの小羊の血で家に十字の印をつけた昔のへフライ人が、絶滅を図る天使から守られた例のように、わが画像を掲げることで私に光栄を帰する者は、この悲しい時代において同じように守られるだろう。
 ミラノ 1968年9日5日

 イエズス ― わが子供たちよ、平安があなたがたとともにあるように。
 私は 憐れみ深いイエズスである。 私は お前が始めたこの使徒職を成し遂げるのを勇気づけたいと望んでいる。私は それが全被造物にわたって普及されることを望んでいる。
 お前の心からの善意と奉献の祈願とともに、お前の行いを添えて、わが肖像画を贈物にし、あるいは、知る知らぬとに関わらず皆にそれを手渡すことを望む。この画像はそれを普及するお前に霊的利益をもたらすだろう。
 そして、それは 愛と感謝をもって私を受け入れる者たちのうちに、直ちに著しい効果をもたらすだろう。それは 私が 人類に与える救いの偉大な賜で偉大な手段である。
 わが心は、犯される膨大な数の罪と、大量に失われていく霊魂のために、刺し貫かれ、激しく苦しんでいる。
 さあ、私は これらの新しい手段を見いだした。 私は 施し物を乞う乞食のように、お前の助けを願う。 私を助けたいと思わないか。
 私は お前を今、祝福し、わが 善き約束を守ることを誓う。 私が 限りなく望んでいるこの仕事を、学校や療養所で成し遂げるために、お前は 若者を使うようにせよ。
 しかし、私が 彼らを幸福にし、彼らを救うために、すべての人の心の中に入るまで、すべての家の中にわが 画像が 掲げられるように、わが聖母に懇願しなさい。
 ミラノ 1969年4日27日 

※ このパンフレットや御影(13×18 と 8×11cm) を多くご希望の方は、以下の住所にお申し込み下さい。
  〒112-0014 東京都文京区関口3−16−15 東京教区司祭の家
   ファティマの使徒職東京事務局 フェデリタス 係





嵐を防ぐ祈り または 祝福
( 非常に重要 )


 ✝ 父と子と聖霊との聖名によりて、アーメン。

 光栄の王イエズス・キリストは平和のうちに来り給いぬ。
 ✝ 神は人となり,✝ 御言葉は肉体となり給えり。
 ✝ キリストは処女より生れ給えり。
 ✝ キリストは苦しみ給えり。
 ✝ キリストは十字架にかけられ給えり。
 ✝ キリストは死し給えり。
 ✝ キリストは死者の中より復活し絵えり。
 ✝ キリストは天に昇り給えり。
 ✝ キリストは征服し給う。
 ✝ キリストは統治し給う。
 ✝ キリストは命令し給う。
 ✝ キリストがわれらをすべての嵐と稲妻より護り給わんことを。
 ✝ キリストはこれらの只中を平和のうちに通り給い,
 ✝ しかして御言葉は肉体となり給えり。
 ✝ キリストはマリアと共にわれらと共に在す。
 ✝ 立ち去れ,汝ら敵対する霊共よ,ユダ族の獅子,ダヴィドのひこ生えは勝利し給いたれば。
 ✝ 聖なる神よ!✝ 聖にして力強き神よ!
 ✝ 聖にして不死なる神よ!
 ✝ われらを隣み給え。アーメン!

 ✝ は十字をきること

 ( 「ピエタ」より)






イエズスの御血のサンプルについてロン・ワイアット氏の証言



【 参考文献 】
バルバロ神父訳 「聖書」(講談社)
マリア・ワルトルタ 著 『 時の終わり 』 日本語翻訳版(抜粋)
 マリア・ヴァルトルタ「手記」抜粋 世紀末の黙示録

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
著者:baramado
「大警告&ヨハネの黙示録」下記へ移設
▼URL baramado 薔薇窓 ブログ
http://baramado.jugem.jp/
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



JUGEMテーマ:祈り



シスターヨゼファ・メネンデス に与えられたイエズス・キリストの聖心のメッセージ

イエズス・キリストの聖心のメッセージ
『 愛 の 招 き 』


“罪から離れ、心をあげて、神である主に立ち返れ。”
“時は満ちた、神の国は近づいた。悔い改めて福音を信じよ。”


 主イエズスは、世の人々が聖主の聖心を知り、神の愛を悟ることを切に願っています。
 「わたしは、神であるが、愛の神であり、父である。しかも、優しく愛する父で、きびしさをもってするものではない。わたしの聖心は、無限に聖いが、また、さといから、人間の弱さ、惨めさをもよく知っており、罪人には、無限の哀憐を垂れる。
 へりくだって赦しをもとめる罪人を、わたしは、愛するばかりでなく、二度目の罪でも、また、たとえ同じ罪が、千遍万遍繰り返されても、ほんとに罪を泣き悔やむ者を赦し、愛してわたしの血で最初の時と同じようにぬぐってやる。」

 「もし欠点や弱さの外何もなく ‥‥ 過ちと、罪の外なくとも、わたしは、それを皆求める。それをわたしに与えておくれ。ほんとにそれを全部わたしにくれてしまって、わたしの聖心への真の信頼の外は、とっておいてはならない。わたしは、おまえたちを赦し、愛し、手ずからおまえたちを聖にして上げる。」

 「霊魂を愛するあまり一度ならず、二度ならず、何度でも恩寵をとりもどしたいと望むごとに、赦しを与えたいと、 “ 告解の祕蹟 ” を残した。わたしは、その人々の罪の汚れを水で洗うのでなく、わたし自身の血で浄めるために、かれらを待っている。」

 「わたしを愛さないばかりでなく、わたしを嫌い迫害する者に聞こう、
  『 なぜそんなに嫌うのか、わたしが何をしたので こんなに迫害するのか。 』
 今日わたしがそう聞くと、たぶん 『 知らない 』 と答えるであろう。
 だからおまえに代わって答えよう。
 幼い時からわたしを知らなかったのは、だれも教えてくれなかったからである。
 そうして、成長するに従って、おまえのわがままな傾向も強くなって、快楽にひたり、富や自由を望むようになってきた。ある日わたしについて聞かされ、神のみ旨に従って生活するためには、隣人を愛し忍耐しなければならない。 ・・・・
 一言でいえば掟を守らねばならない と。
・・・・・ この言葉を怖れてはいけない。掟は、暴君的なものではない。これは、愛の掟である。 ‥‥ 。
 小さい時からわがままにふるまって情欲をほしいままにしてきて掟を知らなかったおまえは、
 『 私は、楽しみたい、自由にふるまいたい、私には、自分勝手の掟しかないのだ。 』
 と、反抗の声をあげたのである。 ・・・・ しかし、おまえの父であるわたしは、おまえを愛しつづけて、おまえがこのように盲目的に反抗するのをみて、わたしの聖心は、ますますおまえに対して愛のやさしさを覚えた。 ‥‥
 今日、わたしはもはやおまえに対する愛をつつみ隠しておくことができない。
 そうして、おまえをこんなに愛している者とおまえが闘っているのをみて、わたしがだれであるかを自分で告げにきた。
 愛する子よ、わたしは、イエズスである。この者は、救い主という意味である。わたしの手は、おまえを愛するあまり、死にいたるまで十字架に釘づけられている。わたしの足も同じ傷跡がある。わたしの聖心は、死後貫かれた槍によって開かれた。 ・・・・
 怖れないでよい。
 わたしの掟は、愛である。わたしを知るようになれば、平和と幸福を見出すであろう。孤児として暮らすのは、悲しいことだ。わたしの子供たち、父なる私のところにおいで。」

 「わたしは、おまえの神、父である!贖うことのできるものである。奴隷と罪の暴威からわたしの生命、わたしの血をもっておまえを解放したのである。おまえは不滅の、また、終わりない大いなる幸福のためにつくられた。善をなしうる意志、愛し愛されることを願う心を持つ者である。 ・・・・ 」

 「おまえは、わたしを知らず、わたしを愛さないばかりか、反対にわたしを憎み迫害することを知っている。それでもわたしは、おまえを無限の愛をもって愛し、おまえが受ける権利のある宝を与えようと望んでいる。・・・・
 何をおまえから求めるか、少し聞くがよい。まず、わたしの愛と愛憐を信じなさい。
 おまえは、わたしに逆らったが、わたしは、おまえを赦す。 おまえは、わたしを迫害したが、わたしは、おまえを愛す。おまえは、言葉をもって、行ないをもって、わたしを傷つけたが、わたしは、おまえをいたわり、わが宝庫をおまえに開放した。
 今までおまえがどんな生活をしたかを、わたしが知らないと思ってはいけない。わたしの恩寵を蔑(さげす)み、また、祕蹟を瀆(けが)したことさえあるのを知っている。
 しかし、わたしは赦す。そしてもし、今おまえが地上でも幸福に暮し、また、終わりなき天国を得たいと思うならば、わたしがいうようにするがよい。
 もし、貧しいのならば、必要に迫られてする労働を快く行なえ、わたしもまた、30年間同じ法則に強いられた。わたしが、貧のどん底にあったことをよく考えてごらん。おまえの主人を暴君と思ってはいけない。嫌悪の情をいだいてはならない。かれらの不幸を願うな。かれらの利益をはかり忠実であるように。
 もし、おまえが富んでいて労働者、使用人をかかえているならば、かれらの働きをむさぼってはならない。かれらの働きに正当な報いを与えるばかりでなく、愛情と親切を示せ。 おまえに不滅の霊があるならば、彼らも同じである。 おまえが、今有する財産を受けたとするならば、自分の快楽、個人的な幸福のためではない。かえって聡明にこれを扱うことによって隣人に愛徳を施すことができるためである。
 相互にこの労働の法則によく服し、謙遜にすべて創られたものの上に在す「御者」の存在を認めよ。 ・・・・
 一週間を労働、自分の仕事、また、休息にすごしたいとするならば、少なくとも半時間を安息日に神に奉仕せよ、と 求めたもうことは、多くを強いたもうといえるであろうか。
 されば、神の「家」(公教会)に行け、そこに主は、昼夜人々を待ちたもう。
 日曜ごと、また、祝日にこの半時間のミサと呼ぶ愛と仁慈の玄義に与(あず)かれ。
 ここですべてを神に語れ。 家族、子供、仕事のこと、望んでいるもの、苦しみ、困難、忍苦を語るのだ。
 もし、神がいかなる愛をもって聞きたもうかを知るならば ‥‥ 。
 おまえは言うであろう、
 『私はミサにどうやってあずかるかを知らない。あまり長いこと教会の敷居をまたいだことがない!』
 と。恐れるな!ただ行け、単純に半時間わたしの足下にすごせ。わたしの声に耳をふさぐことなく。 ・・・・
 おまえの良心になすべきことを語るままになせ、おまえの心を開け ‥‥ されば、わが恩寵が語るであろう。 ・・・・」

これは、聖主イエズス・キリストが、シスターヨゼファ・メネンデス
(聖心会修道女) に託した 『 愛の招き 』 からの抜粋です。


イエズスの聖心


 追記、この御影は、人体に悪影響を及ぼす電磁波、マインドコントロールから保護されます。 300dpiに変換してからプリントアウトしてそのまま、 (濡れないようにパウチすることをお薦めします。) PC, 携帯電話, 電子機器・半導体のある電気製品に貼り付けて下さい。 (なお、司祭の祝別によって、さらに保護効果が霊的に強化します。)




イエズスの御血のサンプルについてロン・ワイアット氏の証言



【 参考文献 】
バルバロ神父訳 「聖書」(講談社)
マリア・ワルトルタ 著 『 時の終わり 』 日本語翻訳版(抜粋)
 マリア・ヴァルトルタ「手記」抜粋 世紀末の黙示録

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
著者:baramado
「大警告&ヨハネの黙示録」下記へ移設
▼URL baramado 薔薇窓 ブログ
http://baramado.jugem.jp/
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆





臨終の人に非常に重要で有益な 3つの非常に美しい祈り:いついかなる時でも祈れるように携帯されることをおすすめします

3つの非常に美しい祈り
臨終の人に非常に有益であり、隣れみの業としても度々祈るべき



 かつてローマにたくさんの罪にとり囲まれた一人の教皇がおりました。
 主なる神は、彼を致命的な病で打たれました。彼は、自分が死につつあるのを知った時、枢機卿,司教,神学者達を呼び寄せて言いました、
 「私の親愛なる友人連よ!私が死なねばならず、私の罪のために永遠の堕地獄に値するようになった今、君達は、私にいかなる慰めを与えてくれか?」
 誰一人、彼に答えなかった。
 彼等の中の一人で、ジョンという敬度な助任司祭が言いました、
 「父よ、なぜ、あなたは、神の御慈悲を疑われますか?」
 教皇は、答えました、
 「死なねばならず、私の罪のために永遠の罰を受けることを恐れている今、あなたは、私にいかなる慰めを与えられるのか?」
 ジョンは、答えました、
 「私は、あなたの上で3つの祈りをしましょう。 望むらくは、あなたは、慰められ、また、神の御慈悲を得るでしょう。」
 教皇は、それ以上、何も言うことができなかった。助任司祭と、すべての臨席者達は、跪き、主の折りを1回唱え、それから次の祈りを唱えました。

1.祈リ
 聖主(しゅ)イエズス・キリスト!御身、神の聖子にして処女マリアの子、神にして人、御身、オリーヴ山上にて、この死に行く者の救いのために平和をもたらし、神なる御身の天の聖父(おんちち)に捧ぐるため、われらのために、恐れの中で血の汗を流し給いし御者よ、 ・・・ ( この者 ) ・・・ されど、もし、彼が、その罪によりて永遠の罰に値せば、それが、彼より離れんことを願い奉る。
 ああ、永遠の聖父よ、聖霊とともに、今も、いつも、とこしえに生き、かつ、しろしめし給う御身の愛子(おんこ)、われらの聖主イエズス・キリストによりてこれを叶え給え。 アーメン。

2.祈リ
 聖主イエズス・キリスト!平和をもたらし、 ・・・ ( この者 ) ・・・ を解放し、彼が、その罪によりて得しものを、彼より隠すべく、御身の至聖なる死を、御身の天の聖父に捧ぐるため、御身の意志を全く御身の天の聖父に委ね、われらのために十字架の柱(き)の上に柔和に死し給いし御身。この願いを聞き入れ給え、ああ永遠の聖父よ!
 御身とともに、聖霊との一致のうちに、今も、いつも、とこしえに生き、かつ、しろしめし給う御身の聖子(おんこ)、われらの聖主イエズス・キリストによりて。 アーメン。

3.祈り
 聖主イエズス・キリスト!御身、預言者等の口を通じて語らんがため、沈黙を保ち給いし御者よ、われは、御身のとこしえの愛によりて、御身をわれに引き寄せ奉らん。その愛は、御身を天国より聖母の御体内に引き寄せ、その愛は、御身を聖母の御体内よりこの渇ききった世の谷に引き寄せ、その愛は、御身を33年の間この世に引き留め給いぬ。
 また、偉大なる愛のしるしとして、御身は、御身の聖なる御体を真の食物として、御身の聖なる御血を真の飲物として、与え給い、偉大なる愛のしるしとして、御身は、捕われ人となり、裁判官より裁判官へと、引き回されることに同意し給い、また、偉大なる愛のしるしとして、御身は、死刑を宣告せられることに同意し給い、死して葬られ、真(まこと)によみがえり、御身の聖なる御母と、すべての聖なる使徒らに現れ給うことに同意し給えり。
 然して、偉大なる愛のしるしとして、御身は、御みずからの強さと、力によりて昇天し給い、御身の天の聖父なる神の御右手(おんみぎて)に座し給い、また、御身は、御身の聖霊を、使徒たちの心と、御身への永遠の愛のしるしによりて、御身を望み信じ奉るすべての人の心に送リ給う。
 今日(きょう)、天国を開きて、この死に行く者 ・・・ ( この者 ) ・・・ と、彼のすべての罪を、御身の天の御父の王国に導き、彼を御身とともに、今もいつも、とこしえに君臨せしめ給わんことを、われらの聖主イエズス・キリストによりて。 アーメン。



 その間に教皇は死去しました。
 助任司祭は、3時間目まで忍耐して待ちました。その時、教皇は、体を持って彼に現れ、彼を慰めた、教皇の顔は、太陽のように輝き、その衣服は、雪のように白くなっていました。
 そして教皇は、言いました。
 「私の親愛なる兄弟!私は、亡びの子となる筈であったのに、幸いの子となりました。あなたが、第1の祈りを唱えた時、私の罪の多くは、天国から雨のように私から落ちました。

 そして、あなたが、第2の祈りを唱えた時、私は、金細工師が、金を熱い火の中で清める時のように清められました。あなたが、第3の祈りを唱えた時、私は、さらに完全に清められました。それから私は、天国が開いて、主イエズスが、父なる神の御右手に立っておられるのを見ました。聖主は、言われました、
 『来なさい、あなたのすべての罪は、赦されました、あなたは、私の聖父の御国に入り、永遠にそこにとどまるであろう。 アーメン!』

 これらの言葉と共に、私の霊魂は、私の体から離れ、神の天使達が、それを永遠の喜びへ導きました。

 助任司祭は、これを聞いた時言いました、
 「おお教皇様!私は、これらのことを誰にも話すことができません。誰も私を信じないでしようから。」

 すると、教皇は言いました、
 「真に私は言います、神の天使が私とともに立っており、これらの祈りをすべての罪人を慰めるために金の文字で書きとめました。もし、ある人が、この世のあらゆる罪を犯していても、これら3つの祈りが、彼の終り ( 死 ) の時、 ( 彼の上で ) 朗読されるならば、彼のすべての罪は、赦されるであろう、例え彼の霊魂が、最後の審判まで苦しむことになっているとしても、それは、あがなわれる ( 解放される ) であろう。
 これらの祈りが、朗読されるのを聞く人は、不幸な死に方をしないであろう。
 これらの祈りが朗読される家に住む人も同様である。
 それ故、確かな慰めのために、これらの祈りを取って、聖ぺトロの聖堂に運び、聖母の被昇天と名付けられた礼拝堂の中におきなさい。死に近付いた人が、これらの祈りを朗読するか、朗読されるのを聞くならば、彼の罪のために煉獄で苦しむことになっている日数に対し、400年の免償を得ます。
 また、この祈りを朗読し、或いは、朗読されるのを聞く人には、彼の死の時が、啓示されるであろう。 アーメン!」


(「ピエタ」より)




イエズスの御血のサンプルについてロン・ワイアット氏の証言



【 参考文献 】
バルバロ神父訳 「聖書」(講談社)
マリア・ワルトルタ 著 『 時の終わり 』 日本語翻訳版(抜粋)
 マリア・ヴァルトルタ「手記」抜粋 世紀末の黙示録

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
著者:baramado
「大警告&ヨハネの黙示録」下記へ移設
▼URL baramado 薔薇窓 ブログ
http://baramado.jugem.jp/
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆




JUGEMテーマ:祈り



真正の手紙 「 イエズス・キリストのカルヴァリオへの路上で流された御血の滴を聖とする 」

われらの救い主イエズス・キリストのある真正の手祇


 われらの主イエズスが、彼のカルヴァリオへの路上で流された御血の滴を聖とすること。

 われらの主イエズス・キリストのエルサレムにおける聖墓所の中で発見され、教皇聖下、キりスト教を信じる王や女王によって銀の箱に保存された演説の手紙の写しです。

 ハンガリーの女王聖エリザべトは、聖マチルダ及び聖ビルジタと共に、イエズス・キリストの御受難について何かを知ることを望んで熱心な特別の祈りを捧げました。それに対し、われらの主イエズス・キリストは、彼等に御出現になり、次のようにおおせられました。
 私は、あなた方を改心させるために天国から地上に降った。昔、人々は敬けんで、彼等の収穫は、豊かであったが、現在は、それに反して収穫は乏しい。

 もし、あなた方が豊かな収穫を刈り取りたいのであれば、日曜日に働いてはならない、なぜなら日曜日には、教会へ行き、神にあなた方の罪を赦して下さるよう祈らねばならないから。
 神は、あなた方に労働のための6日と休息、信心、貧者達への救済の提供、教会への援助のための1日をお与えになったのである。
 私の宗教に反対して口論し、この聖なる手紙に中傷を投げつける人々は、私に捨てられるであろう。
 それと反対に、この手紙の写しを身につけて持ち運ぶ人々は、溺死や突然の死を受けないであろう。彼等は、すべての伝染病と雷から自由であろう。彼等は、罪の告解なくして死ぬことはないであろう。また、彼等の敵、不正な政府、彼等のすべての中傷者や、偽証人達から自由であろう。
 出産に際し、危険状態にある婦人達は、この演説 (手紙の写し) を彼等の身辺に保存することにより、直ちに困難を征服できるであろう。
 この演説 (手紙の写し) が保存されている家では、いかなる災難も決して起らないであろう。
 そして、この演説を身の周りに持っている人には、死の40日前に聖母がお現れになるであろう。
 と、聖グレゴリウスは、そういわれました。

 私が落した血の滴に光栄を帰するため,3年間毎日,2回までの主祷文と栄唱と天使祝詞を唱えるすべての篤信者達に,私は、次の5つの恵みを与える。

 第1.あなたの罪の全免償と赦免。

 第2.あなたは 煉獄の苦しみから自由であろう。

 第3.もし あなたが 前記3年間を完了せずに死んでも、あなたにとっては それを完了したのと同じであろう。

 第4.あなたの死の際、あなたは あたかも聖なる信仰のために、あなたのすべての血を流し尽したのと同じであろう。

 第5.私は 天国からあなた 及び あなたの第4代までの親族の霊魂を連れに降って来るであろう。



 次のことを知らしめよ。 私を取り囲んだ武装兵士の数は、150人であった。
 私が 縛られていた時、私を引きずって行った者は、23人であった。
 裁判の死刑執行人は、83人であった。
 私の頭に受けた打撃は、150回、腹には 108回、肩を蹴られた回数は 80回。
 私は、髪をひもで縛られ、24回引きずって行かれた。 顔に受けた唾は 180回。
 私は、体に6666回、頭に11O回のむち打ちを受けた。
 私は、荒々しく突かれ、また、12時には、毛髪で吊り下げられた。
 いばらで刺され、ひげを23回引っ張られた。 頭には 20箇所の傷を受けた。
 いばらのとげは 72個、とげによる頭の刺傷は 11O個、額の上に致命的なとげが 3個。
 その後私は、むち打たれ、嘲弄の王衣を着せられ、体に1000個の傷を受けた。
 私をカルワリオに引き立てて行った兵士は 608人、私を見張っていた者は 3人,私を嘲弄した者は 1008人、私が落した血の滴は、28,430滴であった。

Benedetta DAS.S.,Pope Leo将掘In Roma 5 Aprile 1890.
(「ピエタ」より)






イエズスの御血のサンプルについてロン・ワイアット氏の証言



【 参考文献 】
バルバロ神父訳 「聖書」(講談社)
マリア・ワルトルタ 著 『 時の終わり 』 日本語翻訳版(抜粋)
 マリア・ヴァルトルタ「手記」抜粋 世紀末の黙示録

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
著者:baramado
「大警告&ヨハネの黙示録」下記へ移設
▼URL baramado 薔薇窓 ブログ
http://baramado.jugem.jp/
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



JUGEMテーマ:祈り



| 1/2PAGES | >>
       

聖ベネディクトメダイ十字架

聖ベネディクトメダイ表のイニシャル
C.S.P.B. 父なる聖ベネディクトゥスの十字架
C.S.S.M.L. 
聖なる十字架は我が光り
N.D.S.M.D. 
悪魔は我が主にあらず
V.R.S. 悪魔よ、立ち去れ
N.S.M.V. 悪を認めず
S.M.O.L. 悪魔よ、お前が与えるものは罪悪のみ
I.V.B 毒杯は汝自ら仰げ

『 短いエクソシズム:悪魔祓い 』
「 ああ、わがイエズス、御身の聖なる十字の印もて、われらよりすべての悪霊を立ち退かしめたまえ。 聖父+と、聖子+と、聖霊+との聖名によりて、アーメン。 」
(+印:十字の印を切る3回)

最近の記事

カテゴリー

推奨リンク

プロファイル

モバイル

qrcode

search this site.

others

sponsored links

recommend

powered

みんなのブログポータル JUGEM